髪の健康の基礎知識

清潔感のあるキレイな髪の毛に憧れる方は女性にも男性にも多いのではないでしょうか。日本人なら艶のあるキレイな黒髪は美しいものです。ご年配の方であれば薄毛や髪質などの加齢による髪の毛の悩みも多くなってきますが、加齢のせいばかりではありません。歳を重ねても若々しく健康的で美しい髪の毛を保っている方はたくさんいらっしゃいます。いつまでも健康的で美しい髪の毛を保つために必要な基礎知識をご紹介します。

健康的な髪の毛を保つためにはシャンプー・コンディショナー・トリートメントなど髪の毛の洗い方にも注意が必要ですし、シャンプーの後のタオルドライやドライヤーで乾かすときの乾かし方によっても髪の痛み方は変わってきます。栄養バランスの整った食生活や規則正しい睡眠を取るなど生活習慣も髪の毛に影響を及ぼしています。とくに重要なのは「シャンプー」です。髪の毛を洗うということですが、正しいシャンプーが何より髪の健康を保つ重要なものです。トリートメントやパックなどどんなにケアしていてもシャンプーが間違っていると髪の毛は健康を保つことができないのです。

シャンプーの前にはまずブラッシングをしましょう。ブラッシングによってホコリなどを少しでも取り除いておきます。お湯で頭皮や髪の毛を濡らしますがシャンプーを泡立てるためではなく、頭皮や髪の毛の汚れを落とすイメージで予備洗いをします。お湯で洗うだけでも皮脂や汚れは落ちます。シャンプーは軽く手のひらで泡立て髪につけましょう。しっかり頭皮や髪の毛を洗ったら、すすぎ残しがないように洗い流しましょう。シャンプーのすすぎ残しは髪の毛が痛む原因になります。